生理不順から気になった糖質・糖分の違い。結論分からない。

今日、朝起きてすぐ朝シャワーを浴びた。そして、着替えて毎日の日課であるスーパーに行った。
今日も毎日買っているお菓子をいつものように買った。

いつものチョコレートを買ったのだ。
何でチョコレートを買ったかというと、頭を使うことを毎日しているからだ。

そこで気になったのは、チョコレートに含まれている糖分?糖質?についてとても気になった。
実は自分は糖質?糖分?について良く分かってない面がある。
一体、頭を使うのに必要な糖分とは何だ?それは糖質なのか?なら糖分と糖質は同じ意味なのか?など。
とても気になった。今日買ったお菓子はポテトチップスとチョコレートだ。
いつもこの組み合わせで僕はお菓子を買っている。今日も一緒だった。
だが、今日はジュースも買った。これにも糖分?糖質が含まれているらしい。

ピルをもらいに行った際に生理不順には、糖分が大きく影響をしているということを医者に言われたことがある。とあるテレビの情報だとそもそも、人間に糖分は必用ないのではないかという情報も見た。

原始時代には、糖分などをとることはほとんどなく、ある意味近年の嗜好品の一種ともいえるらしい。そして似ている糖質。ライ〇ップの影響で糖質ダイエットというのをしている女も私の周りに多くいる。そういった子たちはランチをしに行ってもほとんど、お米やパンを食べない。それが糖質だからだそうだ。

んっ?糖質?糖分?

糖分と糖質が気になる。分からない。これは事件だ。
調べる気持ちになった。

糖質・糖分の違いをしるために、ラベルチェック

まずは、そのお菓子やチョコレート、ジュースのラベルや袋に書いてある糖分と糖質についての記述を見てみようと思い、そこを見た。
実は、今だから言うが、糖質という言葉を知ったのもそのラベルや袋を見てからだ。それまではぼんやりと糖分という言葉しか頭になかった。裏を見てみる。書いてあった。糖質のグラムなどだ。

全く分からない。
結果的には今だに糖分と糖質の違いが分からない。
インターネットですぐに調べてみても良いが、そこまでするのは何だか面倒だ。
だがモヤモヤするのも何だか気持ちが悪い。
本当に気が向いたときに、調べてみることにした。

とりあえず、糖質・糖分の違いはラベルではまったくわからない

とりあえず、明日もまたスーパーに行って糖分?糖質?をしっかりと補うためにお菓子とチョコレートを買う。
お金に余裕があればジュースも買って、その後に晩御飯とお昼ご飯を買って帰宅しよう。そして、仕事をして、夜になったら晩御飯を作って普通に食って寝る。多分明日になっても糖分について調べてないだろう。

だから、糖分なのか糖質なのか違いがまったく分かっていないと思う。まぁそれでいいやと思っているのもまた事実。

人間、考えすぎるの本当に良くない。別に糖分だろうが、糖質だろうが本当はどっちでも良いのだが、僕のやっていることがある以上どちらかはっきりさせておく必要があるのかもしれない。分かったときのスッキリさも、分からない期間が長ければ長いほどでかいのだろうか。普通の人だとここまで気になることはないと思う。

実際に、自分自身でも、今のこの糖分と糖質についてここまで気になっているのおかしいと思う。どっちでもいいじゃないか。
だが、いつかはっきりさせたいものだ。一年後でも二年後でもいいが、できるだけ早くはっきりさせることにしよう。

調べるときの道具は結局、パソコンかスマートフォンを使ってのインターネットになるのかもしれない。本当はその道の専門家にお金なりを払って尋ねるのが一番だと思うが、それはあまりにも労力がかかりすぎる。結局、インターネットを使って調べて、そこに書いてある情報が噓か本当か区別しての作業になるのだろう。

何だか、糖分糖質だけでここまで考えることが出来る自分自信に少しびっくりしている。
いつの日か、ちゃんと調べて、糖分と糖質についてはっきりさせたいものだ。